EXHIBITION


New Exhibition


写真

西出健太郎写真展『カスタードクリーム』

2020.11.07(Sat) - 2020.12.20(Sun)
無料

西出健太郎写真展
『カスタードクリーム』

ファッション誌の表紙や巻頭ページ数多く飾り、芸能人やモデル達も撮影してきた西出健太郎の初個展がLIBRIS KOBACOにて開催です。

今だって昔だってわたしたちは かわいい が1番好き❤︎
Olive、non-no、MORE、mcSister
あの頃のファッション紙はかわいいの全盛期だった!

80年代から現在まで『女の子のかわいい』を30年撮り続けてきた西出健太郎の甘くスウィートな世界観の初個展。

西出撮影の昔のフィルム写真に現代のデジタル加工という手法を加えた写真達!

かわいいが好きな女の子も男の子も。
そして全ての世代に見てほしい写真展が開催です。

西出健太郎写真展
カスタードクリーム
2020.11.7(Sat) – 2020.12.20(Sun)
入場無料
会場 LIBRIS KOBACO
時間 13:00~18:00
休廊日 月曜火曜水曜

オープニングイベント
11月7日(土)8日(日)は、西出健太郎による撮影会(小箱写真館 第二弾)を開催致します。

撮影後、会場にてプリントをした写真を各自1枚お持ち帰り頂けます。(有料)
また会場内に作品の一部として展示させて頂き展示終了後、そちらの1枚もお渡し可能です。
お値段や時間帯など、詳しくはLIBRIS KOBACOのインスタやブログ等にて随時ご確認ください。

Exhibition Archive


写真

Yoshiya Taguchi 『DETOXIFICATION』

2020.09.26(Sat) - 2020.10.25(Sun)
無料

Yoshiya Taguchi 『DETOXIFICATION』を開催いたします。

Yoshiya Taguchi
DETOXIFICATION

2020年9月26日(土) 〜 2020年10月25日(日)
⁂会期延長となりました
入場無料
会場 LIBRIS KOBACO
時間 13:00~18:00
休廊日 月曜火曜水曜

本展は、昨年夏に旧青木衣料品店 (香川・直島)にて発表された『DETOXIFICATION』を空間に合わせて再構成された作品展となり、
またフォトギャラリーであるLIBRIS KOBACO の為に制作された美しい映像作品もご覧頂ける展示です。

そして、
ご鑑賞者みなさまが関わることで初めて完成となる参加型のアート作品となります。

尚、本作品は、作品内に配置された好みの浮玉をご購入いただき、持ち帰ることができます。
また、数千個に及ぶ浮玉に囲まれた独特な空間で、写真や映像撮影が可能な作品です。

Yoshiya Taguchi
Artist

1992年 大分県臼杵市出身

インスタレーションアーティスト。水、植物、鉱石などを主なマテリアルに、鑑賞者をはじめとした人々の行動が介在することによって成る空間を構成する。

過去の展示歴
2019/07 DETOXIFICATION / 旧青木衣料品店 (香川)
2019/08 STAND BY EACH OTHER / HIMIKA Limited Shop (東京)
2019/10 音のない世界 / Nagatacho GRID space0 (東京)
2019/11 滴る展示室 / 䒾々 (福岡)

https://yoshiyataguchi.com

Exhibition Archive


写真

喜多村みか「TOPOS」巡回展

2020.08.08(Sat) - 2020.09.13(Sun)
観覧入場料 無料

写真作家・喜多村みかさんの個展「TOPOS」を開催いたします。

個展「TOPOS」は「VOCA展2019現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」において山峰 潤也氏(水戸芸術館現代美術センター学芸員)より推薦を受け出品され、大原美術館賞を受賞した作品も含む巡回展です。

喜多村みか写真展
「TOPOS」
2020年8月8日(土) 〜 2020年9月13日(日)
入場無料
会場 LIBRIS KOBACO
時間 13:00~18:00
休廊日 月曜火曜水曜
※祝日は休まずオープン(8月10日→休廊日ですがオープンしております)

オープニング&クロージングパーティー(日程未定)
予定をしておりますが、コロナウィルス感染拡大防止の為、まだ未定となっております。
随時、当HPまたは、インスタグラムにてご案内いたしますのでどうかご確認いただきますようお願いいたします。

プロフィール
喜多村 みか / KITAMURA Mika

1982 福岡県生まれ
2005 東京工芸大学芸術学部写真学科 卒業
2008 東京工芸大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域 修了

〔主な個展〕
2017 「meta」(Alt_Medium / 東京)
2014 「DEEP POOL GUIDE」(百年 / 東京
2013 「Einmal ist Keinmal / my small fib」(テルメギャラリー / 東京、ブックスキューブリック / 福岡、Prinz / 京都)
2005 「Einmal ist Keinmal」(ニコンサロン / 東京、大阪)

〔主なグループ展〕
2019 「VOCA展2019 現代美術の展望 – 新しい平面の作家たち」(上野の森美術館 / 東京)
2018 「あなた/わたし」(塩竈フォトフェスティバル2018、亀井邸 / 宮城)
2013 「削ぎ落とす 〜Araki Shin Exhibition」(アノニムギャラリー / 長野)
2013 「SPACE CADET Actual Exhibition #2」(ターナーギャラリー / 東京)
2011 「The Color of Future〜たぐりよせるまなざし〜」(ターナーギャラリー / 東京)
2011 「老人と海」曽根崎アキノリ+喜多村みか(新宿プロムナードギャラリー / 東京)
2011 「aspect」 赤羽佑樹+喜多村みか(STUDIO annex / 東京)
2011 「TWO SIGHTS PAST」(ギャラリーアットラムフロム / 東京)
2008 「TWO SIGHTS PAST」(LUMEN GALLERY / ブダペスト・ハンガリー)
2008 「Helsinki Biennale 2008」(ヘルシンキ、フィンランド)

〔主な受賞〕
2019 「VOCA2019」大原美術館賞
2006 キャノン写真新世紀 優秀賞 喜多村みか+渡邊有紀「TWO SIGHTS PAST」
2005 ニコンJuna21

〔WEBsite〕

http://www.mikakitamura.com/

Exhibition Archive


写真

花田智浩写真展「Today is a better day」

2020.06.10(Wed) - 2020.07.19(Sun)
無料

本展は、花田がドイツ写真留学中にドイツ・ベルリンの路上駐車の車を撮影した「Car Reflection」シリーズや、
その後 帰国した福岡で現在進行形で撮影しているビル郡など家と家の隙間を写した「間」、色、形が混ざり合う建築物を撮影した「Element of Architecture」の作品を中心とした展示。

なにげない日常の風景は、誰の視点でみても果たして同じなのか。
いま目の前にある美しいといわれているものは本当に美しいのか。
問いや疑問を織り交ぜながら、花田の写真はその答えがなんであるのかと、彼独自の素直な色で投げかけてくるのです。

【アートとは当たり前で、そして生活の中にある1つの単純な喜びである】

花田がベルリンで感じた空気感をそのままにコンセプシャルであるのになぜか温かみを感じる色彩豊かな作品群の数々。

ベルリン、そして福岡。
場所にとらわれずに表現できる彼らしい作品を楽しんで頂けたらと思います。

花田智浩写真展
Today is a better day
2020年6月10日〜7月19日

LIBRIS KOBACO
福岡市中央区大手門3-2-26 ♯401
☎︎090(8395)6010
openday thu.fri.sat.sun
close mon.tue.wed
13:00-18:00
⚠️時短営業などある可能性もあるのでその都度インスタなどで要確認をお願い致します。

6月10日初日には、オープニングイベントを開催予定です。
コロナ対策に細心の注意をしながら
みなさまにご協力をお願いしながら開催させていただきましたらと考えております。

Exhibition Archive


写真

苅部太郎「Regarding the Shadows of Others」

2019.12.14(Sat) - 2020.01.31(Fri)
入場 無料

写真家・苅部太郎さんによる写真展示会「Regarding the Shadows of Others」を開催いたします。

報道写真の撮影をされてきた苅部太郎さん。
個とシステムの関係、自他の境界に関心を抱き、国内外での社会文化的事象をモチーフに作品を制作されています。

まだ私という人間が純粋であった時の忘れていた真っ直ぐな感覚。
そう。ふとした時に感じる疑問だったり理不尽さだったり。
生きづらさという心の棘を引き抜くような‥

苅部さんのピュアな心の美しさを彼の写真を通して感じる事ができます。

今回の展示を観て頂けた方が心の奥底になにかしらを感じてくれたら‥
まだ私達の心は生きているのだとそう思えるような気がします。

今回の展示では
ロヒンギャ難民の人々をポラロイドで撮影しウェブで公開。SNSで「シェア」してもらうことで行方不明の家族を探し当てるプロジェクトの「Letters to You」や、
テレビの画面に生まれるグリッチを撮影した象徴的な作品の「INCIDENTS」も。
「INCIDENTS」のシリーズは、デジタルテレビを物理的に接触不良にし、何百回に1回、しかも、一瞬しか現れないグリッチを撮影するという方法の作品です。
そして苅部さんの新作もご覧頂ける予定です。
見応えのある写真作品を展示頂ける個展となります。

苅部太郎写真展
「Regarding the Shadows of Others」

2019年12月14日(土) 〜 2020年1月31日(金)
入場無料
会場 LIBRIS KOBACO
時間 13:00~18:00
休廊日 火曜水曜、年末年始

オープニングレセプション
12月14日(土曜)19時より21時ぐらいまで。
参加費無料
お酒を飲める年齢の方なら、どなたでもご参加頂けます。
ささやかなパーティーですが、少しお酒もご用意して皆様をお待ちしております。
在廊されている苅部さんとぜひこの機会にお話をされてくださいね。

苅部太郎|Taro Karibe
1988年愛知県生まれ、東京拠点。南山大学人文学部心理人間学科卒業。在学中に英国留学・南アフリカ共和国で国際NGOの感染症コントロール計画で研修。卒業後、金融機関に勤務した後に写真家として独立した。具体的で特定の社会的現実に基づき「自他の境界の揺らぎ」「時間的・空間的に離れた他者への共感」を媒介する写真作品制作を展開している。作品はThe New York TimesやWIREDなど国内外のさまざま媒体に特集され、PDN Photo Annual賞(米, 2017)を受賞、第18回写真「1_Wall」(日本, 2018)入選。主な展覧会にHead on Photofestival(豪 シドニー)や屋久島国際写真祭があるほか、IMAメディアプロジェクト/Panasonicが選出する新進写真作家6名の内の一人として「Lumix/meets beyond2020 Japanese Photographers #6」に参加。同展は2018年にアムステルダム・パリ・東京を巡回した。
https://www.tarokaribe.com/

LIBRIS KOBACO(リブリス コバコ)



 ギャラリー期間 営業日
月、木、金、土、日曜( 休廊日  火、水曜 )
開催時期はexhibitionページでご確認いただけます。

ブックストア期間 営業日
木、金、土、日曜( 定休日  月、火、水曜 )
定休日以外に不定休もあり。

ギャラリーもブックストアも
詳しい営業日はblogにてご確認いただけます。


営業時間 13:00 - 18:00
Tel 090 8395 6010
Mail info@libris-kobaco.com
Access
.
福岡市中央区大手門3丁目2-26 田中ビル 401号室
Google Map